営業店舗について(11月9日より)

神戸でステーキディナーを予約するなら【モーリヤ】まで~ハンバーグの由来と世間に広まるまで~

神戸でステーキディナーを楽しむなら【モーリヤ】へご予約を~神戸牛の名店をお探しの方へ~

神戸でステーキディナーを楽しむなら【モーリヤ】へご予約を~神戸牛の名店をお探しの方へ~

神戸でステーキディナーを楽しみたい方は、神戸ステーキレストラン【モーリヤ】へお越しください。【モーリヤ】では、ランチ・ディナーどちらも営業しており、ご都合のいい時間帯で予約することができます。

神戸牛はすばらしい肉質であることが知られていますが、一般的に焼き肉ディナーやステーキディナーで提供されるものは、とにかく高価であるのが懸念点として挙げられます。【モーリヤ】のステーキディナーでは、お客様にご提供しやすい価格、神戸牛の品質に劣らない「モーリヤ厳選牛」を召し上がることが可能です。

ステーキ・ハンバーグなど神戸牛や厳選牛を使った料理が食べられる名店をお探しの方は、ぜひ【モーリヤ】をご利用ください。ステーキディナーで提供しているお肉はA4・A5ランクですので、食感・味わいすべてにおいてきっとご満足いただけるかと思います。

ハンバーグの始まりと世間に広がるまでの経緯

ハンバーグの始まりと世間に広がるまでの経緯

ハンバーグが大好物という人は、子供だけでなく大人でも多いはずです。このハンバーグは一般的な西洋料理ではなく、日本独自の西洋料理でいわゆる洋食のひとつです。

日本以外にこの形態の料理がまったく存在しないわけではありませんが、オムライスやハヤシライスと同様に日本ローカル料理のひとつとも言えます。世界の扱いにおいては、ハンバーガーとは全く異なる存在です。

ハワイで人気のロコモコも戦後日系人が開発した料理であり、日本の影響があったと思われます。それだけ、ハンバーグは日本人が改良を重ねてきた料理で、国民食といえる存在なのです。ハンバーグの名称は、ドイツのハンブルクからきています。

アメリカでは、ドイツ移民のよく食べる挽き肉料理を「ハンブルク風ステーキ」と呼んでいました。ドイツ人の食べていた挽き肉料理は、生肉料理のタルタルステーキからきているとされますが、立証された説ではありません。

日本でハンバーグがいつ・どこから入ってきたのか、明確な記録は残っていないようです。ただ、名前はハンバーガーから連想してアメリカ由来を推測させるものの、フランスなど明治の西洋料理を作った国の影響が強いと言われています。

神戸でステーキディナーの予約をするなら【モーリヤ】へ

会社名
株式会社モーリヤ
事業内容
ステーキレストラン経営
太陽光発電事業
設立
個人商店として明治18年設立その後、合資会杜(現在も存続)、株式会社へと発展する
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役 森谷 寛
従業員数
120名(男性70人、女性50人)
店舗
本店
〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目1-17
モーリヤビル
三宮店
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-9
第一岸ビル 3F
ロイヤルモーリヤ
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-9
第一岸ビル 2F
ダイニングモーリヤ
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-9-10
カクテン屋ビル2F
モーリヤ凜
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-8
クイーンズコーストビル 2F
モーリヤ祇園
〒605-0802
京都府京都市東山区 大和大路通四条下る大和町7-1
祇園モーリヤビル
会社理念
良質のお肉を気配り、心配り、思いやりのサービスと共にご提供することを通じて皆様の心を幸せにしモーリヤでのひとときが明日への糧となっていただけますよう、日々努力することを理念としております。
URL
https://www.mouriya.co.jp/