神戸ビーフを堪能するなら【モーリヤ】へご予約を~高品質な神戸牛が育つ条件~

高品質な神戸牛が育つ条件とは?

高品質な神戸牛が育つ条件とは?

神戸牛は世界に名を知られる牛肉ですが、どうしてそんなに評価が高いのでしょうか。海外では、神秘的な魅力を持って語られることも多くあります。

脂肪(サシ)が筋肉に入り込む、霜降り肉の特性を上手く伸ばしてきたのは確かですが、それだけでブランド力を維持できるものでしょうか。

神戸牛の生態について知るには、但馬牛の存在が欠かせません。神戸牛は、生体の段階ではすべて但馬牛です。但馬牛のうち脂肪交雑基準など厳しい基準を通過したお肉だけが、神戸牛となるからです。

但馬牛自体、純血種の血統を厳しく管理していることで知られています。

他の地域で育てている黒毛和種のルーツは、いずれも但馬牛につながります。そのため、肉質は圧倒的にいいといえます。しかし、良質な状態を維持するには、育て方が非常に重要となってくるのです。

但馬牛を育てている但馬地方、それから淡路島でも、多くの取り組みを行っています。

1970年頃、但馬牛の飼料も穀物を中心とした「濃厚飼料」が中心となりました。トウモロコシや大麦などを配合した資料であり、たんぱく質、炭水化物、脂肪など三大栄養素が豊富に含まれています。

しかし、牛の見栄えは良くなりましたが、太り過ぎの子牛が見られるようになったのです。

そのため現在では、牧草など「粗飼料」を多く与えるようになり、牛の重量、肉質が大きく改善されました。また、ストレスなく子牛を育てる環境も重要です。但馬牛の子牛は、1年間はゆっくり放し飼いで育てられます。

恵まれた自然環境により、良質な状態で育っていくのです。

名店で神戸ビーフを食べてみたいという方は【モーリヤ】へ~ランチ・ディナーどちらのご予約も受付中~

名店で神戸ビーフを食べてみたいという方は【モーリヤ】へ~ランチ・ディナーどちらのご予約も受付中~

名店で神戸ビーフを食べてみたいという方は、神戸や京都で店舗を構える【モーリヤ】へお越しください。【モーリヤ】では、創業して130余年という歴史があり、契約牧場以外の仕入れに関しても多くの実績があります。

厳選した神戸ビーフのみを提供しておりますので、上質なお肉を堪能したい方におすすめです。ランチ・ディナーどちらのご予約も受け付けておりますので、ご都合のいい時間帯でご予約ください。神戸ビーフメニュー、モーリヤ厳選メニューなどをご用意しておりますので、お好みに応じてお選びいただくことができます。

神戸ビーフを堪能したいとお考えなら【モーリヤ】へ

会社名
株式会社モーリヤ
事業内容
ステーキレストラン経営
太陽光発電事業
設立
個人商店として明治18年設立その後、合資会杜(現在も存続)、株式会社へと発展する
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役 森谷 寛
従業員数
120名(男性70人、女性50人)
店舗
本店
〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目1-17
モーリヤビル
三宮店
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-9
第一岸ビル 3F
ロイヤルモーリヤ
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-9
第一岸ビル 2F
ダイニングモーリヤ
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-9-10
カクテン屋ビル2F
モーリヤ凜
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-8
クイーンズコーストビル 2F
モーリヤ祇園
〒605-0802
京都府京都市東山区 大和大路通四条下る大和町7-1
祇園モーリヤビル
会社理念
良質のお肉を気配り、心配り、思いやりのサービスと共にご提供することを通じて皆様の心を幸せにしモーリヤでのひとときが明日への糧となっていただけますよう、日々努力することを理念としております。
URL
https://www.mouriya.co.jp/