営業再開のお知らせ(6月1日より)

神戸や京都で店舗を構える【モーリヤ】は鉄板焼きでステーキをご提供~加熱で起こる肉の変化~

神戸や京都で高級ステーキを堪能するなら鉄板焼きスタイルの【モーリヤ】~ランチ・ディナーのご予約を受付中~

神戸や京都で高級ステーキを堪能するなら鉄板焼きスタイルの【モーリヤ】~ランチ・ディナーのご予約を受付中~

神戸や京都でステーキレストランをお探しの方は、鉄板焼きスタイルが魅力の【モーリヤ】をご利用ください。神戸や京都に店舗を構える【モーリヤ】では、契約牧場から仕入れた高級神戸牛から厳選牛まで取り揃えております。

また、鉄板焼きではステーキだけでなく、海の幸も提供しております。お肉と一緒にシーフードも味わいたい方は、活伊勢海老・活あわび・活車海老・帆立などの中から、お好みのものをお選びください。

ランチ・ディナーどちらの時間帯も営業しておりますので、ご希望の時間帯でご予約することが可能です。

通常メニューの他にも、誕生日や結婚記念日など記念日にもおすすめのプランをご用意しております。絶品のステーキを味わいながら、洗練された空間で優雅なお時間を過ごすことができます。

神戸や京都に店舗を展開しており、グループ店の「ダイニングモーリヤ」はソファーテーブル席になっていて、本店をはじめそれ以外の店舗は鉄板焼きスタイルで上質な食材をお召し上がりいただけます。

加熱で起こる肉の変化とは?

加熱で起こる肉の変化とは?

牛肉は熱を加え過ぎると固くなる性質がありますが、できれば柔らかさを保ったまま焼き上げたいものです。しかし、煮込み料理の場合は、長い時間熱を加えているものの、固くなるということはほとんどありません。牛肉の部位の中でもすねやスジといった部分は、しばしば煮込んで使います。

そうすると柔らかく、とろとろになります。熱を加えると固くなるはずなのに、どうしてでしょう。「部位が違うから?」と思いがちですが、必ずしも正解とは限りません。確かにすね肉などは煮込みに向いていますが、だからといってステーキ用の肉と性質が全く異なるわけではないのです。

まず、火を入れると固くなるメカニズムを見ていきましょう。肉はもともと筋肉のため繊維質でできています。肉の繊維を束ねて接着しているのが「コラーゲン」です。この筋肉を束ねるコラーゲンの膜は、65度を超えると縮んでしまいます。

そのため、肉から水分が溢れ出て、固くなってしまうのです。これが、焼き過ぎて固くなったステーキです。ただし、煮込み料理の場合は、別のメカニズムとなります。さらに熱を加え続けることで、縮んだコラーゲンが分解してしまうのです。

この温度が、75度から85度です。コラーゲンが分解すると、ゼラチンになります。こうなると筋肉組織は維持できなくなり、ほぐれやすくなります。これが、牛肉煮込み料理が柔らかい理由です。一旦固くなった肉は、さらに繊維がほぐれることでとろとろになるわけです。

京都でステーキを味わえる名店は【モーリヤ】

会社名
株式会社モーリヤ
事業内容
ステーキレストラン経営
太陽光発電事業
設立
個人商店として明治18年設立その後、合資会杜(現在も存続)、株式会社へと発展する
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役 森谷 寛
従業員数
120名(男性70人、女性50人)
店舗
本店
〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目1-17
モーリヤビル
三宮店
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-9
第一岸ビル 3F
ロイヤルモーリヤ
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-9
第一岸ビル 2F
ダイニングモーリヤ
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-9-10
カクテン屋ビル2F
モーリヤ凜
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-8
クイーンズコーストビル 2F
モーリヤ祇園
〒605-0802
京都府京都市東山区 大和大路通四条下る大和町7-1
祇園モーリヤビル
会社理念
良質のお肉を気配り、心配り、思いやりのサービスと共にご提供することを通じて皆様の心を幸せにしモーリヤでのひとときが明日への糧となっていただけますよう、日々努力することを理念としております。
URL
https://www.mouriya.co.jp/