高級・A5ランクの神戸牛をステーキで味わいたいときは【モーリヤ】へ~牛肉のランクとブランドの仕組みについて~

A5ランクの神戸牛をステーキでご提供!~高級でおいしい味わいをお楽しみいただけます~

明治18年創業の【モーリヤ】では、A5ランクの神戸牛をステーキでご提供しております。130年以上にわたる歴史の中で鍛えた確かな目利きで、本当に値打ちのある神戸牛・厳選牛だけをご用意いたしました。

取り扱うA4・A5ランクのお肉も肩書きだけで仕入れることはなく、霜降りの具合、脂の質と味、肉のきめの細かさ、熟成度などをトータルに判断しております。A5ランクの神戸牛や厳選牛は、特別な日のお食事としても最適です。

高級でおいしいお肉を食べたいとお考えの際は、お気軽に神戸牛の専門店【モーリヤ】をご利用ください。

牛肉のランクはどのように決まる?

牛肉のランクはどのように決まる?

牛肉のランクは肉の品質を示しており、歩留等級A~Cと霜降り度を表す1~5の組み合わせで成り立っています。そのため、A5の牛もあればC1の牛肉もあり、霜降り肉より赤身肉が多いこともあります。

このランク付けは、日本食肉格付協会の職員が枝肉を実際に見て判断しています。A~Cに分類される歩留等級は基準よりも肉がたくさん取れる牛がA、少ないものがCです。これも枝肉を見て判断します。

また、牛肉の産地が同一ならランクによって価格はおおむね決まります。

ブランド牛の定め方

ブランド牛の定め方

有名な松阪牛・近江牛・米沢牛をはじめ、日本全国にブランド牛が存在します。この地名部分がブランドを表しています。あくまでも肉の名前である神戸牛は例外で、基本的にブランド牛は産地を名乗ります。

牛には様々な品種がいますが、ブランド肉になるのは黒毛和種がほとんどで、その飼育頭数も圧倒的です。ブランドの定義は産地ごとに決定しており、米沢牛のようにメス牛だけが名乗る場合もあれば、神戸牛の素牛である但馬牛のように血統を細かく見る地域もあります。

いずれもブランド力を維持するために奮闘しており、その地で育っていない牛がブランドを名乗ることはありません。

A5ランクの神戸牛もご提供する【モーリヤ】

会社名
株式会社モーリヤ
事業内容
ステーキレストラン経営
太陽光発電事業
設立
個人商店として明治18年設立その後、合資会杜(現在も存続)、株式会社へと発展する
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役 森谷 寛
従業員数
120名(男性70人、女性50人)
店舗
本店
〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目1-17
モーリヤビル
三宮店
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-9
第一岸ビル 3F
ロイヤルモーリヤ
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-9
第一岸ビル 2F
ダイニングモーリヤ
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-9-10
カクテン屋ビル2F
モーリヤ凜
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-8
クイーンズコーストビル 2F
モーリヤ祇園
〒605-0802
京都府京都市東山区 大和大路通四条下る大和町7-1
祇園モーリヤビル
会社理念
良質のお肉を気配り、心配り、思いやりのサービスと共にご提供することを通じて皆様の心を幸せにしモーリヤでのひとときが明日への糧となっていただけますよう、日々努力することを理念としております。
URL
https://www.mouriya.co.jp/