営業再開のお知らせ(6月1日より)

A5ランクの神戸牛を鉄板焼きでご提供する【モーリヤ】~肉汁と旨みの関係~

鉄板焼きスタイルでA5ランクの神戸牛を楽しめる空間なら【モーリヤ】

鉄板焼きスタイルでA5ランクの神戸牛を楽しめる空間なら【モーリヤ】

神戸や京都のエリアでA5ランクの神戸牛を味わえる空間をお探しの際は、【モーリヤ】をご利用ください。A4・A5ランクのお肉をはじめ、神戸牛にも劣らないモーリヤ厳選牛をご用意しております。

鉄板焼きスタイルが特徴で、お客様の目の前で上質なお肉を24mmの厚い鉄板で焼いていきます。さらに素材本来の味を引き出すため、味付けも塩コショウのみとシンプルです。

お客様の心を幸せにし、明日への糧となる時間をお過ごしいただけるよう、常に努力しながら良質のお肉と気配り、心配り、思いやりのサービスをご提供してまいります。神戸牛のステーキを食べるならA5ランクのお肉を扱う【モーリヤ】へ。

ステーキ・焼き肉などのおいしさの鍵は肉汁!

ステーキ・焼き肉などのおいしさの鍵は肉汁!

肉汁の旨みに含まれるものとは?

ステーキや焼き肉などで食べる牛肉には、おいしさがたくさん詰まっています。このおいしさの秘密として、肉汁の存在があります。肉の中に閉じ込められ、ナイフで切り込みを入れた瞬間に溢れ出す肉汁は食欲をそそります。

肉汁の成分は肉に含まれる水分と脂分が主で、その中には各種アミノ酸も豊富に含まれています。これが旨みを引き出しているのです。ちなみに肉汁の赤い成分は血ではなく、たんぱく質の一種であるミオグロビンで、動物の筋肉に多く含まれています。

自宅でステーキを焼くコツ

ご自宅などでステーキを焼く際には、旨み成分である肉汁を無駄に流出させないことがコツです。例えば温度が高すぎると、コラーゲンが縮んで筋繊維を締め付け、肉汁が流れ出てしまいます。

お肉の中心部分を低温でじっくり焼くことで、たんぱく質が凝固して肉汁が逃げない状態になります。また、湯煎してから焼く方法もあります。まず、室温に戻したお肉をパックし、45度程度のお湯で湯煎します。

その後、時々裏返しながら中弱火でじっくり焼いていくと肉汁が流れ出ず、おいしいステーキに仕上がります。よりおいしくお肉を味わいたいときは、レストランでプロの味を楽しむこともご検討ください。

A5ランクの神戸牛もご提供する【モーリヤ】

会社名
株式会社モーリヤ
事業内容
ステーキレストラン経営
太陽光発電事業
設立
個人商店として明治18年設立その後、合資会杜(現在も存続)、株式会社へと発展する
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役 森谷 寛
従業員数
120名(男性70人、女性50人)
店舗
本店
〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目1-17
モーリヤビル
三宮店
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-9
第一岸ビル 3F
ロイヤルモーリヤ
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-9
第一岸ビル 2F
ダイニングモーリヤ
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-9-10
カクテン屋ビル2F
モーリヤ凜
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目9-8
クイーンズコーストビル 2F
モーリヤ祇園
〒605-0802
京都府京都市東山区 大和大路通四条下る大和町7-1
祇園モーリヤビル
会社理念
良質のお肉を気配り、心配り、思いやりのサービスと共にご提供することを通じて皆様の心を幸せにしモーリヤでのひとときが明日への糧となっていただけますよう、日々努力することを理念としております。
URL
https://www.mouriya.co.jp/